2011年11月01日

南極大陸 感想


南極大陸 感想ですが感動しました。第三話も良かったと思います。役者さんも演技力のあるキャストなので安心して見れます。犬たちがやっとそろって走った時は安心しました。小さい犬も可愛いけど、これこそが犬の本当の姿なんだと思います。来週も楽しみです。
posted by 旬 at 09:06| Comment(0) | 南極大陸 ドラマ あらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月26日

南極大陸ドラマ 第三話あらすじ


第二話どうでしたか?
南極圏に着いてこれからがドラマの本番という感じで
今後の展開に期待します。
氷の海に閉じ込められた舟はいったいどうなるの??
続きが楽しみ!主題歌も素敵。

第三話あらすじ
南極圏に突入して1ヶ月。南極大陸接岸の目的地、プリンス・ハラルド海岸は目前に迫っていた。
しかし、スクリューが氷塊を巻き込み破損。宗谷は四方を氷に塞がれてしまった。
これ以上の危険だと判断した倉持岳志 (木村拓哉) は、オングル諸島に接岸し氷・氷床の上を渡ってオングル島に渡り南極大陸へと向かう計画に変更する。そして、ついに南極オングル諸島への上陸を果たす。
posted by 旬 at 10:00| Comment(0) | 南極大陸 ドラマ あらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月20日

南極大陸 ドラマ あらすじ

TBS開局60周年記念制作されたドラマ南極大陸の1回目の放送見ましたか。
仁-jin-、華麗なる一族の演出と似てるところもありましたが
第2話のあらすじ気になっています。

倉持岳志 (木村拓哉)達はついに南極観測船 「 宗谷 」 は
国民の夢と希望を乗せ、航海に旅立つが、それは想像を絶する困難の始まりだった。
「 南極 」 へと旅立った「 宗谷 」 では、第一次南極観測隊副隊長の
星野 (香川照之) が早速、南極観測の総責任者であり隊長の 白崎 (柴田恭兵) に、
南極越冬の許可を懇願する。白崎は、いきなりの越冬は遭難もありうる自殺行為だと、
反対の立場を崩さなかった。

一方、南シナ海では大型台風が接近。荒れ狂う波が 『 宗谷 』 の船体を直撃
乗組員が投げ出され、船体の一部が破損。厳しい航海にストレスが溜まった隊員たちは、
些細なことで取っ組み合いのケンカが起こり、倉持岳志 (木村拓哉)たちは越冬に
一番必要な結束力が失われる状況に追い込まれていく。

さらに大型の暴風雨が突然発生や火災発生など想像を絶する困難の始まりだった。

posted by 旬 at 08:00| Comment(0) | 南極大陸 ドラマ あらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。